無料ブログはココログ

« 野毛にようこそ その1:リソラ・デル・ブリーオ | トップページ | 膝栗毛外伝――青春大阪一人旅 第二話「阪神電車」 »

2012年8月14日 (火)

膝栗毛外伝――青春大阪ひとり旅 第一話「なんばの朝」

先日、ひょんなことから東京から大阪まで各駅停車の旅をしました。

とても面白い旅でした。

どんな旅だったかはこちらのサイトで紹介してくれているので、詳しくはこちらを。

 

そして、せっかく大阪まで来たのだからちょっとくらい遊んでいこうと思った私は、皆さんと分かれてひとり旅に出たのでありました・・・

 

物語は、打ち上げを終えたミナミの街から始まります。

 

大阪までの旅を終え、同行した皆さんとミナミで分かれた私は、心地よい酔い加減のまま夜の大阪を散歩しました。

ミナミ名物・グリコの看板

Photo_7

道頓堀川

Photo_8

かに道楽

Photo_9

心斎橋筋

Photo_11

さすがに知らない街なので、いつものように別の店に入って飲み直そうという気持ちは起きず、散歩を終えたらすぐにホテルに戻りました。

 

そして向かえた翌日の朝。

散歩と朝ご飯を兼ねて、私はミナミからなんばへと足を伸ばしました。

法善寺横町、なんばグランド花月としばらくうろうろした後、入ったのがこのうどん屋。

Photo_12

店に入ってうどんを注文すると、カウンターのおっちゃんがコテコテの関西弁で話しかけてきました。

「おにいちゃんどっから来たん?」

「横浜!わい横浜詳しいで。昔鶴ヶ峰に住んでたんや。仕事でも色んなとこ行ったで。逗子、三浦、座間、武蔵小杉、川崎。いっぱい知っとるわ」

「うまいやろ。東京でこの値段じゃうどん喰えへんからな」

「うちの店は有名なんやで。ガイドブックにも載ってるから、外人さんもいっぱい来るんや。昼間なんか店の前外人さんで毎日大行列や」

と、いくらでも話してくれます。

 

いやーうれしかった。せっかく大阪に来たんだから、こんなコテコテの大阪を見たかったんですわ。

 

朝からおいしいうどんと楽しい会話に大満足の私は、この日の目的地を目指してなんばを後にしたのでした。

 

<第二話に続く>

« 野毛にようこそ その1:リソラ・デル・ブリーオ | トップページ | 膝栗毛外伝――青春大阪一人旅 第二話「阪神電車」 »

コメント

続きが楽しみです!\(^0^)/

コテコテトークの聞き書きがすばらしい。続きが楽しみ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585706/55422558

この記事へのトラックバック一覧です: 膝栗毛外伝――青春大阪ひとり旅 第一話「なんばの朝」:

« 野毛にようこそ その1:リソラ・デル・ブリーオ | トップページ | 膝栗毛外伝――青春大阪一人旅 第二話「阪神電車」 »